他業種を参考にしましょう!

顧客対応には正解というものがありません。業種によっても違いますし、同じ業種でも、ターゲットにしているお客様が違えば、顧客管理や顧客対応は変わってきます。是非、他業種の顧客対応を参考にしてください。

信頼を失うか、成功するか?

ほとんどが見られずゴミ箱直行になりつつある商売メール。使い方を間違えてしまうと、お客様からはスパムメール扱いされ信用を落とすだけになってしまいます。すでに一斉メールは効果がなく、今やらなければいけないのは、顧客をセグメント化して、セグメントごとにきめ細かい対応することです。それにより成功に近づくことができます。どのような視点で、顧客をセグメントするのか参考例を記しています。

商売メールで効果が出る4パターン

顧客のセグメントが出来たら、次は、どんな内容のメールを送るかです。いつも同じメールでは効果がありません。また、どのような成果を望むのか、あらかじめ想定しないメールも、内容が不明確になりがちです。どのような目的で、どのようなメールを送るのかを参考例で記しています。

  1. お客さんの記憶を呼び戻す(忘れ去られていく宿命をストップ)
  2. プレゼント、セール品による集客(明確なオファーがあると行動をとりやすい)
  3. あなただけという希少性(他にはないものを持つという所有力を満たす)
  4. ベストタイミング(まさに情報を求めているタイミングだったら喜ばれるが、タイミングを外せばすぐにゴミ箱へ)

©kokyaku.jp 2012-