送信サーバー情報(SMTP)

SMTPサーバー
送信サーバー 送信サーバーのアドレスを登録します。
送信ポート 送信サーバーへの接続ポートの番号を入力します。初期値は25です。使用するSSL通信によって変更が必要です。通常、SMTP over SSLの場合は465。STARTTLSの場合は587です。 SSLを利用する場合は、社内のシステム管理者または契約しているプロバイダーの指示に従ってください。
POP認証 受信サーバーで認証を受けます(POPbeforeSMTP)。
サーバー認証 送信サーバーで認証を受ける場合にはチェックします(SMTP認証)。
ユーザー 上記SMTP認証で認証が必要な場合には、ユーザーまたはアカウントを登録します。
パスワード 上記SMTP認証で認証が必要な場合には、パスワードを登録します。
パスワード保存 チェックを解除すると、メールの送信時にパスワードの入力を求める設定に変更できます。
タイムアウト サーバーからの応答がないときメールの送信を中止するまでの待ち時間を設定します。
SSL通信 SSLの技術を利用できます。「使用しない」「SMTP over SSL」「STARTTLS」のいずれかを選択できます。 利用する場合は、社内のシステム管理者または契約しているプロバイダーの指示に従ってください。
送信間隔 複数メールを送信する場合の送信間隔を設定します。各プロバイダーやキャリアの制限をご確認のうえ設定してください。

©kokyaku.jp 2012-