ピクシスが目指すもの。それは情報化社会の「羅針盤」です。

ピクシスの社名は、ギリシア神話に登場するアルゴ船をかたどった、全天一の大星座「アルゴ座」に由来します。このアルゴ船は、古代で最初に建造された船であると言われ、まだ誰もどのように航海すれば良いのかわからないときに、最初に旅した船であると言われています。

18世紀に、この「アルゴ座」はあまりに大きすぎることから、「りゅうこつ座」、「とも座」、「ほ座」、「らしんばん座」の四つの星座に分けられました。そのひとつである「らしんばん座」(学名Pyxis)にように、新しく迎える情報化社会の羅針盤でありたいという願いがこめられています。

会社全体の事業内容

中小企業向け「業務ソフト」の製品開発、販売、サポート

大企業だけじゃないビジネス拡大のためのIT活用をベースに、中小企業の経営者が「わくわく」する業務ソフト開発をしています。

  • 「わくわく財務会計」
  • 「らんらん財務会計」
  • 「わくわく青色申告」
  • 「わくわく販売管理」
  • 「わくわく顧客&メール」
  • 「わくわく帳票管理」

CRM/SFAソリューション事業

売上アップや顧客対応力強化のためのコンサルティングやソリューションを提供します。

このサイト(kokyaku.jp)では、ビジネスとは何かを、顧客を起点で置き換えた「新しい顧客を発掘して」、「顧客の期待や満足に応え」、さらに「顧客との継続的な関係構築」を通して、「顧客の信頼を獲得する」ために、必要な4つの顧客コンタクト・ポイント(顧客接点)に対して、顧客対応力やビジネス力をアップするために必要なノウハウとソフトウェアを提供しています。

セミナー・コンテンツ事業

経営や業務遂行に役立つ業務知識や活用ノウハウを積極的に情報提供します。


©kokyaku.jp 2012-