面倒な締め作業から開放。締め処理も自動化できる

締切処理の流れ
  • 面倒な締め業務が驚くほど楽に。そして、締め請求書が簡単に作成できます
  • 締請求書を作成するには、取引先ごとに締切期間中の取引集計しなければなりませんが、わくわく帳票では、納品書に締切日を登録しておくだけで、締切日ごとに請求対象となる取引を自動的にリストアップします。
  • 締切日がきたら、リストから締め切りを行う得意先を選択するだけで簡単に締請求書を作成できます。
  • 締日単位で消費税を計上する「締め消費税」の計算もできます。
  • 得意先の要望による臨時締切り(決算月などに発生します)への対応もできます。
  • 残高管理をする入金額が、備考欄や概要欄など、印刷時に調整できます。
  • 得意先台帳に販売条件を登録しておけば、納品伝票を作成する都度、システムがこの伝票をまとめて、締切処理の準備をします。
  • 締日がきたら、締切先を選ぶだけで、締請求書ができあがります。
  • 個々の納品時に請求せず、締切日がきたら合計して請求する方法(合計請求)ができます

©kokyaku.jp 2012-