顧客情報の一元化

  • 部門を横断して顧客情報を一元化したい
  • コンタクトチャネル横断して顧客情報を一元化したい
  • どの部門も、どのコンタクトチャネルからでも同じ顧客情報にアクセスしたい
  • マーケティング活動と営業プロセスを直結したい
  • マルチチャネルに対応した一貫性のあるサービスにより、顧客満足度を改善する
  • 顧客の基本データやコンタクト状況を一元的管理したい
  • 時差のない、生きた情報をキャッチしたい

営業・商談の質の向上

  • 案件進捗状況や問題点の可視化したい
  • 異常値発見から気づきを与えてアクションを誘導したい
  • 商談の状態に応じた的確な営業対応の徹底したい
  • 営業の生産性を改善し、顧客関係を強化することで、顧客収益率を高める
  • 個人プレーに依存した、結果だけを求める営業スタイルから脱却したい
  • 顧客対応のスピードアップを実現したい
  • 営業活動最適化のための顧客中心のワークフロー設計したい
  • 営業活動の標準化による提案の品質を向上させたい
  • 偏りのない訪問頻度を実現したい
  • 見込案件の進捗管理および受注先行管理(商談プロセスのオープン化)
  • 月次活動計画の精度を向上させたい

営業マネジメントの向上

  • 商談状況を把握してマネジメントを強化したい
  • ToDoや、顧客に対して商品案内、コールバックなど、日々の活動の進捗管理をしたい
  • リアルタイムにデータ分析情報提供して、組織のパフォーマンスを向上したい
  • 全社共通のビジネスプロセスを共通化して、組織のパフォーマンスを向上
  • 個人個人の活動状況を詳細に分析し、営業効率をあげたい
  • 部、課の活動実績から、次の営業活動方針をタイムリーに立案したい
  • 案件の進捗、プロセスの管理および見込度の精度を向上したい
  • 経営層、マネジャー、担当者のそれぞれの視点で業務を可視化し、生産性を向上させたい
  • 顧客満足度、現在の目標達成度を把握したい
  • 顧客情報をグラフ化したり、ニーズの把握や比較検証をしたい
  • 営業活動のPDCAをきちんと回したい
  • 営業マンのセルフマネジメントを実現したい
  • 顧客の売上げ推移と営業マンの訪問回数の関係などクロス分析したい
  • 代金未回収情報など基幹システムのアラームを営業マンに知らせたい
  • 重要顧客のアプローチが適正かどうか検証したい
  • 営業進捗や受注予測など管理者用の機能が欲しい
  • 管理職が営業マンの行動や進捗を管理したい
  • 達成目標を視覚化したい
  • グラフ形式で集計レポートを表示し、一目で傾向を把握したい
  • 役職や立場に応じた切り口で情報を見たい
  • 訪問状況をチェックし、継続的なコンタクトを確保したい

営業ナレッジの向上

  • 日々の営業活動に連動した営業ナレッジを共有化したい
  • 営業グループ全体で、商談経緯などの情報を共有したい
  • 営業資料などの各種ドキュメントを共有管理したい
  • 各営業マンのナレッジも共有したい
  • 経験豊富なベテランのノウハウを活かした営業マンを育成したい
  • 競合情報など営業が得てきた様々な情報を、営業部門を超えて関連部署と共有したい
  • 他の営業マンの成功事例や、顧客の生の声も共有したい
  • セルフマネジメントやベストプラクティスの共有を実現したい

営業情報の共有、一元化(分析、施策の向上)

  • 顧客を中心に営業、マーケティング、サポートなど管理したい
  • メール、電話、訪問の履歴なども一元管理したい。
  • 顧客情報人脈情報案件情報の蓄積、共有、履歴管理
  • 商談(案件)情報及び顧客情報の共有化
  • 営業日報や提案資料、顧客データの共有化一元管理をしたい
  • 営業日報の内容をデータ化共有化したい
  • データ化した日報は、様々な角度からの集計検索をしたい
  • 拠点間、部門間の壁を越える社内情報の共有、ナレッジ共有
  • クレーム共有、商品開発情報共有、競合情報共有、見積書共有
  • 営業引合の作成および案件化、見積受注への連携をしたい

コミュニケーション

  • 営業マンと営業アシスタントの情報を一括管理したい
  • 社内コミュニケーション改善により各種時間を削減したい

商談の質の向上

  • 先進的な営業プロセスを設計して、営業全体の効率改善に貢献する
  • 商談のステージ、ステータス、受注確度、クローズ予定日、予測金額を管理し、商談の各ステージごとに、営業マンが円滑に営業活動を進める
  • 商談のステージ、ステータスごとに細やかな指示を与える
  • 営業プロセスにそった活動を推進することで営業マンの育成する
  • 営業プロセスにそった案件の管理をする
  • 勘にたよらない客観的な基準により見込度の精度向上を図る
  • 訪問計画と訪問実績を分析することで偏りのない訪問頻度を実現する
  • 顧客からのメールを、組織として管理する
  • 担当者変更による引継ぎや営業戦略資料とする
  • 営業プロセスを定義することで、属人的なプロセスを排除する
  • 営業プロセスを定義することで、営業ノウハウを定着させる
  • 経営向け、マネージャー向け、現場向けとそれぞれ専用のポータルメニューを用意する
  • 商談の把握から次回の商談タイミングや訪問計画の立案する
  • 顧客情報をキーにした関連情報の追跡できるようにする
  • 「一般顧客」を「優良顧客」へビジネスを拡大する営業プロセスを用意する
  • 対応の抜けや、アプローチ漏れが無いように自動的にアラームを出す
  • アラームは営業マンだけでなく上司や他のメンバーにも通知する
  • 案件状況が変化した際に上司にアラームメールを送信する
  • 優先順位を見極めて効果的な活動を上司と共有する
  • 競合相手情報や案件経緯を登録し、もし失注した場合でも記録を残し、理由を見極める

営業マネジメントの向上

  • 文章入力に頼らず、情報の客観性と数字化をする
  • 顧客情報(過去の対応履歴、現在の顧客の状態、案件における問題点、次のアクションプランなど)を一元化する
  • 営業プロセス全体で共有し、マネジメントによる正確で迅速な現状把握と的確なアドバイスをする
  • 案件の状態に応じて行うべき営業活動がシステムから自動的に提案し、営業員による適切でタイムリーな顧客対応をする
  • 営業活動の完了状況や詳細な実施内容は、営業マネージャがグラフィカルな分析レポートでモニタリングする

日報の有効化

  • 営業日報の登録のみで顧客情報、売上管理、行動管理ができるようにする
  • 日報検索、日報集計が簡単にできるようにする
  • 日報の登録内容は各企業ごとに合った項目をカスタマイズが可能する
  • 選択項目を用意して、日報を入力する営業の負担も削減する
  • 携帯電話から、予定や日報の入力、予定の確認をする
  • 携帯電話からの情報登録検索が可能にする
  • 携帯電話で撮影した画像や音声もリアルタイムにデータベース登録できる
  • ユーザーごとにセキュリティレベルや入力権限の設定する

顧客分析の精度の向上

  • 潜在ニーズが高い顧客だけを抽出し、抽出された顧客情報をシステムが自動的に担当営業員へ伝達する
  • 重要度の高い顧客を常に把握し生産性の高い営業活動を実践する
  • 営業キャンペーンは、顧客DBの中から対象となる顧客担当者を抽出し、引合を自動生成する

営業ナレッジの向上

  • 営業活動で使用される提案書やカタログや販促資料などを一元管理し、キーワードや利用頻度、ユーザの評価などをキーにして検索する
  • 商談段階で顧客に提示した提案書、作成した見積書を商談に関連付けて保存する
  • 基幹システムとの連携により、営業支援システム上での在庫納期確認や与信管理、プロモーションコストを把握する
  • 営業、マーケティング、および顧客サービス活動のベストプラクティスを組み込んで提供する
  • 実績を上げている営業の報告連絡相談などの活動内容を公開する
  • 個々人で抱え込むことが多かった商談履歴や提案ノウハウを、営業全員で共有する
  • 類似した内容の商談を抽出し、その商談履歴から「このあと商談をどう進めたらよいか」「決定のポイントは何か」あるいは、「失注した原因はどこにあったのか」などを分析する
  • 「売れる営業」の商談プロセスを分析し、営業プロセスを展開する
  • ドキュメントだけではなく知識や考え方も共有する
  • マーケティング部門に必要な情報も営業から収集する
  • 市場の分析結果を営業にタイムリーなフィードバックする
  • 経験豊富なベテランのノウハウなどを活かして営業プロセスを作成する
  • 競合情報、自社製品に対する評価など、営業がお客様から得てきた様々な情報を、営業部門だけでなく関連部署と共有し、関連部署からのコメントする
  • 営業マンが顧客との商談記録を蓄積していくことで、顧客の動向や競合の情報などを簡単に検索閲覧できるようにする
  • 他の営業マンの成功事例や、顧客の生の声も共有する
  • 個人が持っていた営業情報をチームで共有する
  • 蓄積された日報や顧客の情報を分析し、顧客や市場に対し効果的な営業戦略が立案する

営業集計業務の効率化

  • 項目ラベルの変更やレイアウト変更ができるようにする
  • 経営層向けの数値的情報を早期に作成する
  • 部や課の実績集計をする
  • 当月の予算と実績の差分を迅速に把握する
  • 今後の売上計画、受注予定などを把握する
  • 今月の販売予測と進捗状況をリアルタイムに確認でき、どこに課題があるのか実態をすぐ知る
  • 蓄積したコンタクト情報は、日や週、月、年など一定期間ごとに時系列でグラフにする
  • 顧客ごとにコンタクトの時期や頻度を一目で把握し、関係の深さや距離を視覚的、客観的に見えるようにする
  • 見込案件に対する商談履歴をリアルタイムに把握する

コミュニケーション

  • ミーティングなどの時間が軽減する
  • 営業アシスタントから営業への連絡や情報の発信を一画面で簡単に行う
  • 登録された情報は、アクセス権のある範囲で検索や集計の対象とする
  • 登録する情報は、関係者や上司へ個別に通知できるようにし、通知した内容が既読なのか未読なのかを把握する
  • 他部署へのタスク依頼を簡単にできるようにする

営業情報の一元化

  • 顧客の対応履歴(訪問、電話、メール)も一元管理する
  • どこからでも、同じ顧客データの参照や更新になる
  • 面倒な2重入力やコミュニケーションロスが発生しない。
  • 他のシステムとつながることで、1度入れたデータの2次利用できる

営業教育の向上

  • 営業担当者の意識改革を実現する
  • マネージャー向けの部下指導研修にデータを使う

©kokyaku.jp 2012-