全営業時間の分析調査

商談先への移動に費やされている時間は全営業時間の30%を占める調査があります。実際に商談に費やしている時間は、全営業時間の35%満たないという調査があります。

つまり、商談以外の仕事の効率化と移動時間の有効利用が出来れば、営業の「忙しい」から開放されます。

従来の営業情報管理システム(SFA)は、PCで使うことが前提に作られています。このシステムの利用を、会社の机上のPCで使うのではなく移動時間や外出先でメインに使えるようにする。さらに、システムそのものの効率化を図る。

これを「スマホファースト」と定義します。この「スマホファースト」が実現されることで、営業の「忙しい」が解消します。

そもそも、営業部門のシステムは、「スマホファースト」であるべき

営業はお客様に会うのが仕事です。そのお客様に会っている瞬間に、システムが威力を発揮しなければ意味がありません。

たとえば、商談に向かう電車の中で、商談内容を再確認する。これが出来るだけで、全然違う効果が得られます。

見たいときに、いつでも、どこでも見れる。メモしたいときに、どこでもメモれる。これが営業にもっとも求められているシステムです。

情報共有する!と構えない

それがSFA失敗への第一歩です。空いている隙間時間だけで充分。「隙間時間を利用して、情報を共有を進めましょう」

これぐらいのスタートがちょうどいいのです。隙間時間だけで何が出来るのか?営業に負担を掛けずに出来ること、やらなければならないことは何か?それを考えることこそが、SFAを成功させるための鍵になります。

「think sales」が提供すること

既存のSFA機能をスマホに置き換えるのではなく、スマホファーストに適した営業情報の機能を提供することで、時間の有効利用を可能にし、忙しい営業ループから抜け出します。

  • 隙間時間だけで作業が終わるようシステムを簡素化する
  • システムを簡素化することで、情報を入力する側は、負担感がなく、また情報を見る側にとっても、見やすく、理解しやすくなる。

©kokyaku.jp 2012-