HTML5とCSS3とJavaScript(jquery+ajax)へ

間違いなく、今後は、ホームページと言えば、HTML5とCSS3とJavaScript(jquery+ajax)で作成する時代が来ます。なぜならば、マルチデバイスに対応できるからです。PC用のWEBサイト、スマートフォンサイト、携帯用サイトを、効率的、一元的に作成出来ることができるからです。

HTML5,CSS,JavaScript,jquery,ajaxとは

  • HTML5とは(HyperText Markup Language)、文書の意味や構造を定義するものです。html5に追加された新要素はセマンティックWEBのためにあります。
  • CSSとは(Cascading Style Sheet)、Webページのデザインやレイアウトを定義するものです。
  • JavaScriptとは、、Webブラウザ上で実行可能なプログラムです。
  • jqueryとは、JavaScriptの人気のあるライブラリーです。
  • ajaxとは、JavaScriptのHTTP通信機能を使って、Webページのリロードを伴わずにサーバとやりとりできるライブラリーです。

html5 新要素

  • <header>:ヘッダーですが、ページ単位だけでなく、セクション単位でも利用できます
  • <nav>:いわゆるメニュー(リンクの集合体)
  • <aside>:これはサイドメニュー(関連事項へのリンク等の集合体)
  • <section>:1ページ1個が美しい。このセクションに見出し(h1~h6)が付く、<article>が並ぶ。
  • <article>:独自した記事の単位
  • <footer>:フッター。これもセクション単位でも利用

WEBサイトの部品化、ライブラリー化

ライブラリーとは、プログラムの部品の集合体であり、WEB制作のための様々な部品が用意されており、その部品を組み合わせることにより、WEBサイトを構築することです。

そして、上記の5つに共通しているのは、記述が簡素化できる点にあります。簡素化により、WEB制作コストが一気に下げることができます。


©kokyaku.jp 2012-