都心のホテルが夜景パックを販売

夜景とか、空気とか、自然とか、直接原価の掛からないモノを、付加価値のネタにして集客力を向上させる作戦。

もっと○○的なもの

  • 「もっとTV的なものがやりたい」(久米宏)

もっとWeb的なものがキーポイントになる。アナログ社会のデジタル化ではなく、デジタル社会のデジタル化。

デジタルらしいものから、デジタルでなければできないものへ。

レビット教授のマーケティング発想法

昨年、1/4インチ・ドリルが100万個売れたが、これは、人々が1/4インチ・ドリルを欲しがったからではなく、1/4インチの穴を欲しがったからである。人々は、モノそのものを買っているのはなく、そのモノから得られる働き(ベネフィット)を期待して買っている。

ちなみに、ふとんを圧縮する製品ではない。新たな収納スペースをつくり出す商品という位置づけになる。

機能と効用

  • 例:布団圧縮袋
  • 機能:真空を利用して布団を圧縮する商品
  • 効用:新たなスペースを確保するための商品

顧客は、効用にしか目がいかない。

品質の質のレベル

  • 第1次品質(基本性能)
  • 第2次品質(デザイン)

もともと人間は現在の水準より向上しようとする意欲を持っており、第1次品質だけでは厳しい。

システムノートらしいもの

システムノートは手帳という基本機能に、高い付加価値を付けて高い値段になっている。

商品の差別化とは

商品のすべての内容を理解して購入している客はいない。たとえば、EXCELの全機能を知っているか?

商品の差別化はこまかい機能の違いではなく顧客が抱くなんとなく良さそうというイメージだったりする。


©kokyaku.jp 2012-