ブランドはココロに刻まれるもの

何がココロに刻まれるかは、ヒトによって違う。ただ、似たようなものがココロに刻まれる確率より、ちょっと違ったものがココロに刻まれる確率が高い。

ホームページなどは、ちょっと変わっていた方が、ブランドに結びつく可能性が高くなる。

ブランドマネジャーの仕事

自分の会社は何をしたいのか。市場に何を提案したいのか。自社の商品にはどんな特徴があるのか。こうした企業からのメッセージを消費者に端的に伝える手段がブランド構築であり、ブランドマネジャーの仕事になる。

アーカーによるブランドの4つのベネフィット分類

おそらく、すべてのベネフィットを満たすのではなく、その市場内で、「これだけは負けない」という・・強いベネフィットを構築することがブランドにつながる

機能的ベネフィット

  • 品質・サービスそのもののベネフィット(コンビニで言えば24時間営業などの利便性)

情緒的ベネフィット

  • ブランドの使用が顧客に良い感情を与えるベネフィット(ボルボに乗るだけで安心感)

自己表現的ベネフィット

  • 他人に対して自分を表現するというベネフィット(ベンツは成功の証)

相対的価格ベネフィット

  • 同価格ならば、明らかに質が高いというベネフィット(安くておしゃれなユニクロの服ブランドの順位付け)

ブランドはアタマの中の順位付けであり、1カテゴリに付き1つではない

  1. 手の届かない夢のようなブランド
  2. かなり無理すれば買えるかものブランド
  3. 現実的な目標になるブランド

口コミとブランド化

ブランドは人を介して体験することが多い。つまり、親友等との会話から「あのブランド知ってる?」のアレである。 それが、次から次へと多くの人の会話にあらわれてくる。 これは、ワンフレーズもしくは、ツーフレーズぐらいで、かつ伝わりやすい言葉で、ブランドの特徴がすでに表現出来ているからこそなせる技である。 なにも高級だけがブランドになるわけではなく、「安くておしゃれ」「コスパが最高」(コストパフォーマンスが最高)「ブラック」「○○賞受賞したんだって」

バナー広告で、ブランド認知をあげることが出来るのか?

どんだけのバナー広告を覚えている?そもそも広告が記憶に残ることなんか、人生の中で数回程度。 記憶に残らない限りブランド認知には結びつかない。ネットであれば、ブランド広告よりは、キーラーコンテンツを体験してもらうほうがブランド化には早道。

買っても損することはないだろうの演出要素

100%完璧な判断をしてから購入することは非現実。たぶん大丈夫だろうの部分がブランドになる。

  • 偉いヒトのコメント
  • ○○賞
  • 使用者が多い(実績)
  • 会社そのもののイメージ(大企業)

最初と最後がブランドでは重要(1と3が重要)

  1. 企画・デザイン(重要なので自前である)
  2. 製造全般(外部委託)
  3. 仕上げ販売(重要なので自前である)

ブランドは商品か企業か

面倒なら企業名を商品名にしてしまう。コカコーラは企業名であると同時に商品名でもある。

ブランド価値を下げる顧客

自分より下の人が使っていると思われてしまうと、本来のターゲット層が逃げていく 。 ターゲットを絞って、その層だけにプロモーションしていくことが重要になる。


©kokyaku.jp 2012-