ウェブマネジメントとしてのアクセス解析

WEBアクセス解析しても、得られるものはたかが知れています。しかし、WEBを改善しようと思ったら、WEBアクセス解析するしか道はありません。

ひとつの解決策として、WEBをマネジメントするという考え方にもとづいて、通常のWEBアクセス解析ソフトでは難しいことを、ユーザごとに独自解析シナリオを作成して「ビジネス成果」を達成するためのサイト解析を行います。

マネジメントとしてアクセス解析の目指すもの

  • 収益に直結するアクセス解析とは
  • 目的ありきで解析する場合のアクセス解析とは
  • 強いWEBを作るためのアクセス解析とは
  • 具体的なアクションにつなげるためのアクセス解析とは

マネジメントとしてアクセスログを解析するためには

  • グラフで傾向はわかるが、どうしたらよいかの施策まではわからない(解析と改善策のセット)
  • 何が達成されていて、逆に、何がボトルネックになっているのか?(課題発見)
  • PVが多ければ成功なのか?(検証ポイントの多様化)
  • 閲覧数が低いページを直すことが本当に成果につながるのか?(施策プライオリティーの策定)

特にECサイトを運営しているならば、WEBにもマネジメントが必要

実行した施策等の検証が出来ないと先に進めない。 また、データの裏付けがないと効果に対しても説得力がない。 逆に、わからないままで続けていても、意味がない。 ECサイトは、まさにWEBがビジネスの要です。WEBをマネジメントしていくという発想が必要ですが、なかなかそこまで出来ないのも現実です。

マネジメントとしてアクセスログを解析(plan,cheek,action)

サイトで何が起きているかをきちんと把握できれば、WEB対策は意外とシンプルです

アクセス解析とは、サイトで何が起こっているのかをきちんと把握する唯一の手段です。

そして、その検証データに基づいてマネジメントしていきます。

Plan

  • サイト構造をセグメント化する
  • アクセス解析の目的を明確化する

Cheek

  • マクロ、トレンド解析から、個別ミクロ解析へ
  • ユーザーセグメントごとの目的検証
  • 外部流入先と着地ページのパイプライン分析(広告のパフォーマンス検証)
  • ボトルネックの調査(直帰率と離脱率)
  • サイト内経路と動線の検証

Action

  • 改善事項のプライオリティー(優先順位)の策定
  • コンバージョンやアクションに近いところから
  • たくさんアクセスがある割りには貢献度の低いページから
  • 導線を担保するためのユーザインタフェース

サービス概要

WEBサイトの生アクセスログをお預かりして、独自のアクセス解析システムで解析した結果をお渡します。

解析にあたっての事前のお打ち合わせや解析レポートの説明など、コンサルティングサービスが含まれます。

期間や価格については、WEBサイトに規模によってことなりますので、お気軽にお問い合わせください。


©kokyaku.jp 2012-